ヤマロク醤油

ロクちゃん 山本康夫ヤマロク屋号

創業150年くらい。

ヤマロク醤油五代目の山本康夫(やまもとやすお)です。
五代目といっても、正確な記録が残ってないので、本当は六代目か七代目かもしれませんが、ばあちゃんの話によると、ばあちゃんのじいちゃんの頃には醤油をつくっていたそうなので、そこからさかのぼって五代目ということにしています。
創業は歴史背景的に見て、江戸時代の終わり頃~明治の初め頃だと思いますが、これまた記録が無いので正確なことはわかりません。尚、ヤマロクが醤油屋としてデビューしたのは昭和24年で、それまでは醤油を搾る前の「もろみ」を卸販売する「もろみ屋」でした。三代目が醤油を搾る圧搾機を導入して醤油屋になりました。

山のふもとのろくろべえ

ヤマロクという屋号の由来は、先代の「ろくろべえ」さんが、山のふもと(現住所)に住んでいたことから、「山のふもとのろくろべえ」 略して「ヤマロク」 と呼ばれるようになったそうです。

小豆島著名醸造家一覧

昭和九年発行 「国立公園小豆島案内」より~小豆島著名醸造家一覧

画像クリックで拡大

ルーツは兵庫県の赤穂

山本家のルーツは、忠臣蔵で有名な播磨国(兵庫県)赤穂藩から小豆島にやってきた、塩浜師と呼ばれる塩づくりの技術者と伝えられています。現在小豆島には大小20軒弱(明治の最盛期は大小約400軒)の醤油メーカーがありますが、山本、塩田、藤井という名字の醤油屋は赤穂がルーツとされています。元々小豆島は江戸幕府の天領(直轄地)として塩づくりが栄えた島ですが、新技術を持ち込み、塩づくりを産業化へと発展させるきっかけを作ったのが、赤穂の技術者たちでした。赤穂に続き小豆島の塩は「島塩」ブランドとして人気を博し、品質共に全国2位の生産量を誇るまでに拡大しました。

ところがその後、瀬戸内海沿岸のいたるところで塩をつくり出したことから、過剰生産となり、幕末に塩バブルが起きてしまいます。製塩業は急激に衰退し失業者が増大。加えて塩をつくる燃料として山の木々を乱伐したことで、島は度々干ばつに見舞われるようになっていました。元々耕地面積が少ない島では農業だけで食べていくことは至難の業。そこに人災とも言える自然災害が追い打ちをかけ、餓死者が出るほど深刻な事態に陥ります。こうして時代は厳しい局面を迎えますが、ここから塩を使った二次加工としての醤油造りが本格化して行きました。

三十二石大杉樽

木の樽はおいしい『もろみ』を育てるゆりかごのようなもの。
空気や水を通しながら、乳酸菌や酵母菌たちを育てます。

三十二石大杉樽

ヤマロクのもろみ樽は、三十二石(約6000リットル)の大杉樽を使っています。一つ一つが手作りなので大きさは多少違いますが、直径約2m30cm、高さ約2mの大杉樽が40樽。半分の大きさの樽が17樽あります。樽職人さんの目利きでは、使い始めてから既に150年以上経過しており、大切に使えば孫の代まではなんとか使えるとのこと。ただし産業構造の変化から杉樽職人が激減していることが未来の大きな不安材料でもあります。尚、国内に現在3000~4000本残っていると言われる大杉樽のうち、小豆島には1000本以上の樽が残っており、狭い地域にこれだけ醤油蔵が密集している地域も他に類を見ません。

ヤマロク醤油のもろみ蔵

壁や柱、梁や土間の中には百年以上も前から、たくさんの菌たちが暮らしています。陽の当たる場所、当たらない場所。一樽ごとに微妙に味も違います。

呼吸する蔵

ヤマロク醤油のもろみ蔵は100年以上前(明治初期)に建てられた蔵で、国の登録有形文化財(第37-0182~0184)に指定されています。木造平屋で床は土間、壁は土壁。見た感じボロボロですが、そこがごっついポイントです。実は樽以上に、梁や土壁、土間の中のボロっちーところには百種類という酵母菌や乳酸菌たちが暮らしているのです。つまり蔵は昔からずぅ~っとここで暮らしている菌たちの家。生きてる蔵なのです。
なので蔵を大きくしたくても建て替えがききません。蔵を新築しても菌たちがいなければお醤油をつくることはできないのです。よって少しずつ少しずつ手を加えながら大きくするしかありません。手がかかります。
ちなみに夏になると生きてる蔵の音(菌たちが発酵する音楽)が聞こえますよ♪

樽の表面

今にも崩れそうなくらいボロボロに見える杉樽ですが、腐っているわけではなく、この中にも大切な菌たちが暮らしているのです。触るとフワフワしています。

土壁

土壁は最も多くの菌たちが暮らす蔵の命。お金で買うことのできない大切なもの。風化して崩れ落ちた土壁は、新しい土と練り合わせ、元の場所に戻してあげます。

小豆島マップ

ヤマロク醤油は小豆島の東側。内海湾から寒霞渓に向かう山の麓に位置しています。瀬戸内の島の中で最も高い山々が周囲を囲み、南には穏やかな内海湾が広がっています。

自然環境

小豆島の気候は地中海性気候に似た、温暖小雨の瀬戸内海式気候。近年では日本で最初にオリーブが根付いた地としても知られるようになりましたが、雨が少なく日照時間が長いこと。空気が乾燥していることが特徴です。中でも特筆すべきは小豆島が誇る寒霞渓の山々。瀬戸内の島の中で最も高いこの山(標高817M)は太陽熱を吸収しながら上昇気流を生み出し、独特の暖かく乾いた風をつくり出します。この類まれな風が、醤油醸造における酵母菌や乳酸菌の発酵に最適な環境を育んでいるのです。また、小豆島の特産である手延べ素麺やオリーブなども、この山が生み出す風によってつくり出される芸術作品です。海があり、山があることに感謝。自然が与えてくれる恵みをいつまでも大切にしていきたいと思います。

安田大川より寒霞渓

近所を流れる安田大川。奥にそびえる寒霞渓から流れ込む水で、昔はよく川が氾濫していました。今は川の上流に貯水ダムが出来たので安心ですが、川遊びが出来ないのが少し残念。冬になるとごっつ冷たい「かんかけおろし」が吹き下ろします。

安田地区の練り塀

安田地区でよく見かける石垣(練り塀)は、安田大川の氾濫から家を守るためにつくられたものです。地元産の石が地域特有の景観をつくり出しているとして、この石垣もまた国の有形文化財になっています。あちこち文化財だらけです。

寒霞渓より内海湾を望む

寒霞渓中腹から見た内海湾。ヤマロク醤油は写真手前のダムの下あたり。朝は海風が吹き、日が暮れると同時に、ゴゴ~っと山風が吹きます。日中寒霞渓で暖められた空気が上昇気流となって海風を吸い上げ、日が暮れて温度が下がると、一気に海へ向かって吹き下ろすという仕組みです。小豆島の風はごっつい。

碁石山より内海湾を望む

小豆島霊場第二番札所 碁石山から望む内海湾と醤の郷。小豆島の醤油産業はこの内海湾から始まりました。写真右は、航海の安全を見守る「浪切不動明王」さんです。碁石山は浪切不動明王と金比羅さんが同居する神聖なる場所。佛様と神様が内海湾を一望する高い山の上から航海の安全と民の幸せを見守ってくれています。

もろみーず